停滞を予想するとき

変化があまりなくてずっと同じ価格で停滞するだろうと予想したときに用いられる戦略がショートストラドルです。「ショート」とは売ることを指します。具体的にはコールを売って、さらにプットを売るという方法を指します。ロングストラドルの逆だと考えれば良いです。
オプションを売れば大きな損失が発生する可能性があります。理論上は損失が無限大になる事もあります。ですから高いリスクを抱えなければならないと考えられます。しかしながら、そのリスクに応じた利益を期待する事ができます。
ショートストラドルの利益はリスクプレミアムです。オプションを売ればリスクプレミアム分の利益を得る事ができます。相場が変動しなければこのリスクプレミアムはそのまま受け取ることができるわけです。コールとプットの両方を売ることによって、リスクプレミアムを2重に受け取ることができるのです。
また、リスクプレミアムは時間的価値の減少によって下落する傾向にあります。ですから、相場が動かないときには平均的な利益を求めることができるでしょう。しばらくは何も指標の発表がなくて相場が動かないという状況の時に用いる事のできる戦略です。ボラタイルな相場には適していません。

コメントは受け付けていません。