他社株転換社債とリスク

他社株転換社債とは、社債でありながらも別の会社の株式に転換できるもので、EBと略されます。基本的な特徴は発行体の会社が発行する債券ですから、転換しなければ債券を買うのと同じだけの利益を得る事ができます。転換できる権利がついているために、一般的な社債よりも利回りは低くなることが多いですが、リスクは発行体の会社の債券と同じですから、低いリスクで投資をすることができます。リスク限定ですが、株式に転換することができますから、もしも株価が高くなれば大きな利益を得る事ができます。
転換した後には株式になるわけですから、価格変動リスクが存在します。価格が上昇すれば良いのですが下落することもあり得ることでしょう。ただ、転換した時点ではすでに株価が上昇しているはずです。株価が上昇していなければ転換しなければ良いわけですから、この時点ではある程度の利益は出ているはずです。ここで価格下落リスクを抑えるためにはプットオプションを買うという方法があります。価格が下落したときには、株価の下落による損失と、プットオプションが生み出す利益とを相殺できますから、トータルでの損失を抑えることができますし、上昇した場合には上昇した分だけの利益を得る事ができます。

コメントは受け付けていません。