大きな変動が予想されるとき

大きな変動が予想されるときに効果的なストラテジーがロングストラドルです。これはどういったものかというと、コールの買いとプットの買いとを組み合わせる方法です。上昇を予想したときに買うのがコールで、下落を予想したときに買うのがプットです。これを組み合わせると言うことは、上昇した場合であっても下落した場合であっても利益を追求する方法だと言えるでしょう。
これだけを見れば万能な方法だと感じる人もいると思いますが、大きく動かなければ利益が出ないという点に注意しておきましょう。なぜかというと、買うためにはリスクプレミアムを支払わなければならないからです。コールだけを買う場合であってもプットだけを買う場合であっても、リスクプレミアム分のコストを抜くのは大変です。それが二重にかかってくると言うことですから、かなり大きく動かなければ利益を得る事はできないと言えるでしょう。
ですから、大きく動くする可能性は高くても、どちらに動くか分からないと言うときに用いるべき戦略だと考えられます。どのような場合に使うのが良いのかというと、重要指標の発表や要人発言の時です。雇用統計が発表されるときや、政策決定会合の後の会見などでは大きく動くことが多いですから、このようなタイミングで用いる事ができます。

コメントは受け付けていません。