株価指数オプションと値動き

株価指数オプションというと、日本では日経平均株価指数を原資産としたものが多く取引されていて、東証株価指数を原資産としたものも取引されています。
その値動きについてですが、コールオプションは買う権利ですから、原資産が高くなればオプション価格も高くなるという傾向があります。権利行使価格で売ることができるわけですから、原資産の価格が高くなれば相対的に安く買えることになり、それによって価値は高くなって買う権利の価格も高くなると考えられます。プットオプションはその逆で、原資産が安くなれば高くなると言う傾向があります。
もしも原資産の価格が変動しなかった場合にはどうなるのかというと、時間的価値が減少していきますから、コールオプションの価格もプットオプションの価格も下落していくという傾向があります。価格が下落するわけですから、変動しないときには買うよりも売るほうが利益を確保しやすいという特徴はあるのです。
ですから、上昇を予想すればコールオプションを買うかプットオプションを売るのが良く、下落を予想すればコールオプションを売るかプットオプションを買うのが良いです。変動しないと予想するか、あるいは変動がきわめて小さいと予想するのなら、両方を売るというのが良いです。

コメントは受け付けていません。