株価連動型預金の人気

株価連動型預金とは銀行が取り扱う金融商品の一種で、株式のコールオプションやプットオプションといった、
いわゆる、金融派生商品を元本ではなく、その利息に対して組み込んだ定期預金になります。
なので、日経平均に対してリンケージしている商品の場合は、
預入したお金の利息が日経平均の株価にリンクして決まることになります。
株価が契約時より上昇した場合に利息が高くなる「株高期待型」と、
逆に株価が下落した場合に利息が高くなる「株安期待型」、
後は、株価が一定のレンジ内に留まった場合に利息が高くなる「安定期待型」などの種類があります。
これらの予測に従いマーケットがその通りに動けは高利回りを得る事が出来ますが、
マーケットが予想通りに動かなければ利息がゼロになる可能性もあります。
ただし、あくまでも利息に対してのデリバティブですので、途中で解約するような事がなければ、
預金保険制度の対象でもあり、元本自体は毀損することがないので、仮に申し込んだ予想が外れた場合にでも、
一般的な金融派生商品などと違い、元本を取り崩すというリスクがないので人気があります。
その他には外国の通貨を対象とする株価連動型外貨預金というものもあります。
こちらの商品は、為替と株価の両方と連動しているので、為替相場の変動により
元本割れもすることもありえます。

コメントは受け付けていません。