オプション取引の活用方法

オプションにはコールとプットがあり、どちらもリスクヘッジに用いられます。下落するリスクをヘッジするのがコールオプションで、上昇するリスクをヘッジするのがプットオプションです。リスクヘッジの意味は、買えば損失が発生しても損失が限定されますが、利益が出たときには利益は無限に発生する可能性があります。これがリスクヘッジの意味だと言えるでしょう。
例えば上昇する事を予想した場合には、コールを買っておけば損失限定ができた上で利益を追求することができるというメリットがあります。下落の時にはプットで同じことができます。
オプション取引は、もともとはリスクヘッジのために作られた金融商品なのですが、単独で用いる事もできます。単独でもちいることによってリスクは大きくなります。買えばリスクヘッジに使う事ができますが、売ればリスクを引き受けることになります。リスクを引き受けることになりますが、確率的にはその分だけ利益をか大きくできるというメリットがあるのです。
原資産と組み合わせる活用方法もあります。例えば、原資産を買ってコールを売るという方法はカバードコールと呼ばれていて、長期的に資産を形成するときに用いられています。